実は女性が要注意するべき水虫の問題|ニキビ治療も行なう美容皮膚科

このエントリーをはてなブックマークに追加

悪化する前に治療する

医師

東京にある皮膚科では、症状が比較的軽いニキビである白ニキビの治療を行なってくれます。白ニキビは放置すると肌に大きな影響を与える赤ニキビに変わるため、しっかりと治療を行なわなければなりません。東京にある皮膚科では、肌に影響を与えない高い効果の薬を処方してくれます。

女性も罹る病

病院

足に現れる辛い痒みや炎症は、水虫が原因と考えられます。水虫といえば、多くの女性ですと不潔な男性のみ現れる症状だと考えるでしょう。しかし、水虫は男性だけが罹る病ではないので、まったくの他人事とはいえないのです。特に女性はファッションのためにブーツなどの通気性の悪い靴を履く機会も多いので、この水虫に罹患するリスクが高いものです。水虫の治療薬は市販の薬も多くありますが、ほとんどの薬は男性向けに販売されているので、なかなか手に入れられないという女性もいるでしょう。女性向けの皮膚科であれば、こうした水虫も恥ずかしさを感じずに治療を受けられるでしょう。

皮膚科が行なう水虫治療では、水虫の菌を殺菌する軟膏やクリームを処方することが挙げられます。軟膏やクリームは患部へ蓋をする役目もあり、クリームが外部からの湿気をシャットアウトすることで、水虫菌の繁殖を抑えることができるのです。痒みをもたらす通常の水虫以外にも、ほとんど自覚症状が現れない爪水虫も最近では問題となっています。爪水虫は爪と指の間で水虫菌が繁殖する病です。発症すると、爪の変色や形状がボロボロになることがあるため、爪が取れてしまうまえにしっかりと治療を行なう必要があります。皮膚科では爪水虫を治療するために、体の抵抗力を高める抗生物質を処方してくれます。爪水虫は市販の薬で治療することが難しい病ですが、皮膚科での治療をしっかりと受けることで、完治させることができるでしょう。

レーザー治療でシミを治す

ナース

加齢と共に肌に現れるシミは、対処法として化粧品で隠すことができます。しかし、化粧品に頼り過ぎると肌荒れなどの問題が現れるため悩む女性は多いでしょう。美容皮膚科でシミ取り治療を受ければ、長年の悩みのシミを取り除けます。

にきび跡も治療する

婦人

東京にある美容皮膚科では、にきび治療だけでなく、にきび跡の治療も行なってくれます。にきびによって激しい炎症が起こった場合、炎症が引いてもクレーターが残ってしまうことがあります。美容皮膚科は、ケミカルピーリングやレーザー治療によってこのクレーターも治してくれます。

Copyright © 2016 実は女性が要注意するべき水虫の問題|ニキビ治療も行なう美容皮膚科 All Rights Reserved.